鉄道研究部のご紹介

このページでは学院鉄研について簡単に説明させていただきます。
なお、このページの内容は、特に日付の記載がない場合、2019年時点のものです。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、2020年以降は部活動の行事を原則的に中止しています。

普段の活

夏合宿などの鉄道に触れる行事の定期的な実施と並行して、普段はジオラマ(自然風景や街の縮小模型)を制作しています。
  • 主な活動内容:学院祭に向けたジオラマ制作
  • 活動日:週4日程度(部員の都合に合わせて曜日を決定)
  • 活動場所:74-10号館 3階 旧3-C教室
  • 部員数:1年生5人・2年生4人・3年生6人(合計15人) ※2021年4月現在
  • 部費:5,000円/年 ※2021年4月現在

部員集のお知らせ

鉄道研究部は鉄道や模型、電子工作、プログラミングなどに興味がある人にもおすすめの部活です!鉄道の知識がなくてもかまいません。兼部やバイト、委員会、プロジェクト、塾などは自由です。先輩後輩ともに仲が良く、和気あいあいとした明るい部活です!プライベートで一緒に野球観戦やライブ参戦、旅行などをしている部員も多いです。学年問わず入部は年中受けてけております。

新入生歓旅行

毎年4月に、新入部員が部活の雰囲気に馴染むための機会として、日帰りで近郊への旅を企画しています。2019年度は埼玉県秩父市周辺を観光。SLパレオエクスプレスに乗車し、芝桜まつりや長瀞岩畳を巡ったあとに、Laviewで帰りました。(2018年度は三浦半島を散策)

全国高等学校鉄道型コンテスト

毎年7~8月頃に東京ビッグサイトで開催される鉄道模型の全国大会。学院鉄研は「モジュール部門」(縦30cm・横90cmのレイアウト)で2017年以降出展。
  • 2017年度:「西武池袋線連続立体交差事業 目白通りと西武池袋線との逆立体切替工事」(情景賞)
  • 2018年度:「ふたつの立体交差〜西武新宿線・JR山手線・新目白通り〜」(ベストムービー賞&ベストプレゼンテーション賞)
  • 2019年度:「神田駅立体交差〜新幹線と東北縦貫線の二重高架〜」(ベストクオリティ賞)

夏合宿

毎年8月に3泊4日で実施。鉄道に関する知識・経験を磨くだけでなく、部員同士の仲を深めます。およそ半数の部員が例年出席します。

学院

毎年10畳を超える大きさの巨大鉄道模型を展示するほか、部誌の配布、鉄道写真・鉄道部品の公開を行っています。

その

不定期で都電荒川線貸切運行などを行っています。また、部活として公式の行事ではありませんが、有志による冬合宿・春合宿も実施されています。

このページの先頭へ